バリュー投資の真髄を勉強してきたよ

昨日夜、アロハおとっつぁんと柳下さんのオンラインセミナーに参加したよ

バリュー投資を勉強させてもらってきたよ。

柳下さんは、僕のブログでちょいちょいご紹介してさせてもらっているリアル投資家だ。

詳しくはこちらをご覧ください↓

Aurea Lotus
Aurea Lotusは真のバリュー投資で高い価値創造を実現します

バリュー投資の初歩を説明してもらえたが全くわからなかった。

バリュー投資とは、株価が安い時に買うとか、そんな簡単な話ではない、と言うことだけはわかった。

そして、俺には個別銘柄の選定は無理だ、と言うこともわかった。

貴重な経験だった。

アロハおとっつぁんか誰かが、ソフトバンクビジョンファンドについて質問していたが、柳下さんはあまり肯定的な回答をしていなかった。

ますます個別株は難しいなと思ったよ。

でも、ど素人の俺でもわかったことがある。それはこれだ↓

①株主還元は将来の価値の利食い

②つまり、配当は1番最後の選択

③バリュー投資の肝は長期投資『複利を働かせる』

この3つはわかった。

①②について、配当を出すと、将来の価値を利食いしてしまうから、企業価値を上げるためには無配が望ましい。バークシャーが無配なのもその理由である。とのことだ。

もちろん配当で生活をするのであればそれで良いが、③の長期投資こそバリューの肝、複利を最大限に活かすのであれば無配でフリーキャッシュフローを企業価値のために使う、って言うのが良い。

↑これで、だいたい合っていると思う。

とにかく長期投資であればそれはバリュー投資のカテゴリーに少しは入ると思うから、アメリカ株ブログ村のみんなはバリュー投資を実践していることになる。

2月下旬のコロナショックから昨日まで、色々と試行錯誤した。で、自分のことがよくわかった。

勝負に勝つためには、己を知ることが1番大事だ。

このコロナショックで己がわかった。

自分の無知もわかった。

ど素人は大人しくインデックスを積み立てるのみ。

で、長期保有だな。

結局コロナショック前の投資哲学に戻ったわけだ。

暴落を見て、暴落の底を当ててやろうと思って頻繁に売り買いした。

逆指値しとけばどうだろうと思いハイテクフルインベストメントしてみた。

で、己がよくわかった。

今までもそうだったようにこれからもさらに金持ちになれると確信したな。

そういえば、アンチコメントが届くようになったよ。

しかも、笑えることに、メールアドレスを変えて同一人物がアンチコメント送ってくるんだよ。

こっちにはIPアドレスが表示されるから本人特定できるのに、そのことわかってないのが笑える

あんまりしつこかったら法的処置でもとろっかな。

リアル金持ちと喧嘩するとどうなるか教えたろっかな。

アンチからわざわざメールが来るとはいよいよ俺も人気者になった証拠だな😁

コメント

タイトルとURLをコピーしました