暴落はいつか必ず起こるが気にすんなまじで

雑記
スポンサーリンク

バンガード社から大切なメッセージ

株式の弱き相場はよくあること

弱き相場は頻繁によく起こります。1980年以降、米国では7回、英国では5回の弱き相場がありました。

https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/articles/resources-learning/markets-economy/history-tells-bear-markets.htm

バンガードHPより
バンガードHPより引用

2000年から2018年にかけて、S&P 500インデックスは、複利ベースで年率4.86%のリターンを実現しました。しかし同期間中で最もリターンの高かった10日間を除くと、S&P 500インデックスの年複利リターンはわずか1.10%です。最もリターンの高かった25日間を除けば、年複利リターンは-2.43%になります。投資を継続することは重要です。なぜなら下落局面が過ぎれば、市場の「良き」日々がそう長く待たずして訪れるかもしれないからです。市場の最高値と最安値は得てして判断が難しく、市場のタイミングを図って行う短期売買が成功するというのが誤った通説とされるのは、こうした理由によります。

バンガードHPより引用

上記はバンガード社から引用しました。天下のバンガード社ですら『暴落したら気絶しとけ』と言っている(←スピン的解釈)。

バリュー投資は難しいから順張りがやっぱりいいと思う。

てことで、私はポートフォリオの半分をVTI、20−30%をハイテク、20−30%を個別銘柄で運用したいとおもいます。

インデックス(SP500)が最強な理由

最近VOOを売ったんだよね。分離課税20%として40万円くらい取られたんだよ。めちゃもったいないなと心から思ったよ。40万円っていったら中小企業のボーナス分くらいあるよね。

インデックスって、売らずとも勝手にリバランスされるのが最強だよね。

SP500買っておけば時代に合った企業にリバランスされていく。今後もハイテクが伸びるのであればハイテクの比率が高まる。自分でリバランスする必要ない。

リバランスする必要ないって事は売る必要がない。

税金を払う必要がない。

複利でどんどん増えていく。

やっぱりインデックスは最強だと思う。

和製将軍みたいに才能あふれる天才はどんどん個別株で資産を増やして、僕みたいな凡人はインデックスでゆっくり安全に資産を増やす。

VOO売って、改めて税金は個人投資家にとって敵だなと思ったし、何度も言うがインデックスは勝手にリバランスされるから自分で売ってリバランスする必要がない。

となると、ハイテク中心であるVGTよりナスダック上位100社インデックスQQQの方が良いかもね。

結論

未来は誰もわからないのが今日の結論。てかいつも言っているけど未来は本当にわからん。

ただ、色々と考察して、過去を紐解いて自分なりの未来を思い描くのが大切じゃないのかな?有名ブロガーがそういっている、本にこう書いてあった、とか他人の意見じゃなくて、自分がどう思うのかっていうのが大事。つまり投資哲学が大事だよね。

毎日色々と考察するのって楽しいよね❤️

スピン
スピン

みんなで金を唸らせよう⭐️

コメント

タイトルとURLをコピーしました